ED治療薬の選び方(本題)~浜松町第一クリニック大宮院院長ブログ

~院長公式ブログ~ED治療薬の選び方(本題)

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-237822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

ED治療薬の選び方(本題) 2014.7.18

前回(→ED治療薬の選び方)及び前々回(→ED治療薬の効果時間)のブログをご覧になっていない方は、そちらをお読みになってからお願いします。


こんにちは。大宮院の仲川です。

前回および前々回のブログにて、バイアグラ・レビトラ・シアリスが効果を発揮する血漿中薬物濃度、および効果時間について考察してきました。

順序としては、

経験的にバイアグラ・レビトラ・シアリスの効果時間が導かれている⇒効果を発揮する血漿中薬物濃度を推定

といった具合になります。

なぜ、効果を発揮する血漿中薬物濃度を推定したかったか、というと…

いわゆる薬の強さ(ED治療薬に関して言えば、勃起の補助の強さ)を薬物濃度から推定できないか、と考えたからです。

経験的には、ED治療薬3種で比較した場合、やはり最も硬さを出すと言われているのはレビトラ20mg、次いでバイアグラ50mg、シアリス20mg、といった順番になるかと思います。

しかしながら、あくまでこれは「最も薬が効果を発揮している時」の比較であるので、内服してから3,4時間経った時など、「バイアグラ・レビトラは効果が弱まってくる時間帯」において、シアリスと効果を比較した場合、どちらがより勃起の補助の強さが強いのか、不明です。

おそらくは個人差も大きいので一概には言えないと思うのですが、指標の一つとして

「その時点での薬物濃度が、効果を発揮する血漿中薬物濃度と比してどの程度か」

というのが参考になるのではないかと考えたため、計算してみようかと思いました。

まず、グラフから逆算した3種薬剤の効果を発揮する血漿中薬物濃度は

 バイアグラ:21.213μg/L

 レビトラ:0.957μg/L

 シアリス:62.645μg/L

となります。そこから逆算してグラフにしたところ…

バイアグラ・レビトラ・シアリスの血漿中薬物濃度グラフ

このグラフですが、横軸は内服してからの経過時間、

縦軸は「各薬剤の血漿中濃度÷効果を発揮する血漿中濃度」となります。

あくまで目安であるとは思うのですが、バイアグラ50mg・レビトラ10mg・シアリス20mg、この3つで比較した場合、おおよそ内服後2-3時間まではバイアグラ・レビトラの方が効果は強そうですが、3-4時間経つとシアリスの方が効果は強いのかもしれません。

レビトラ20mgとシアリス20mgで比較したとすると、内服後5時間程までならレビトラ20mg、それ以降ならシアリス20mgの方が強い効果が期待できそうです。

添付文書上は、性行為1時間前の内服を推奨されていますが、空腹時での内服が必要なことから、その兼ね合いを考え、内服~性行為まで時間がかかる事も多々あるかと思います。

上のグラフがその際の参考になれば幸いです。

関連リンク
ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-237822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

Copyright © 2005 - 2019 HamamatsuchouDaiichi Clinic All Rights Reserved.