熱中症にご注意!! ~浜松町第一クリニック大宮院院長ブログ

~院長公式ブログ~

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-237822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

熱中症にご注意!!2018.7.30

こんにちは、浜松町第一クリニック大宮院 井上です。

連日、流れてくる熱中症注意や熱中症で救急搬送・死亡というニュース!

今年は例年以上に異常な暑さとなっております。

室内でもそうですが屋外ではまさに灼けるような暑さです!!

皆さんは熱中症対策はしっかりと出来ていますか?

熱中症は暑さや激しい運動で体内の水分や塩分が不足し、体温調節ができなくなる状態のことです。

症状としては、けいれんや頭痛、吐き気などを引き起こし、時には死に至ることもあります。

室内でも起こり(クーラーがかかっている場所でも起こります)、体温調節機能が低下してきた高齢者や、子どもはより注意が必要です。

熱中症を防ぐには、暑さを避け、こまめに水分や塩分をとることが大切となってきます。

特に水分補給は塩分を含むスポーツドリンクなどがより良いそうです。

室温は冷房などで28度前後に保ち(温度計を室内に常備しておくと便利です)、外出時は帽子や日傘などを使用して直射日光をさけるとよいでしょう。

しかしもし周りに熱中症が疑われるような人がいたら、まずは呼びかけそれに応じるかを確認して下さい。

意識があってもなくても日陰など涼しい場所へ移動して、太い静脈がある首のつけ根(特に首の横側)やわきの下、太もものつけ根などを氷や冷たいものなどで冷やして下さい。

そして意識があれば水分や塩分を補給させる。

意識がない、言動がおかしいなどの場合はすぐに救急車を呼んで下さい。

まだまだ暑い時期は続きますので、くれぐれも体調管理には細心の注意を払い、重症化を避け、対策を怠らずにこの暑い時期を乗り切っていきましょう!!!

関連リンク
ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-237822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

Copyright © 2005 - 2019 HamamatsuchouDaiichi Clinic All Rights Reserved.