バイアグラ、海外情報~浜松町第一クリニック大宮院院長ブログ

バイアグラ、海外情報について~院長公式ブログ~

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-237822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

バイアグラ、海外情報 2013.3.26

こんにちは。
浜松町第一クリニック大宮院 院長の仲川です。

間違いなく日本にも関わりがあるニュースとして取り上げさせていただきます。

ニセ薬品の製造販売が巨大ビジネスに、バイアグラや避妊薬、風邪薬のニセモノが横行―中国

2013年3月19日、中国紙・経済参考報は、中国国内で問題になっているニセ薬の製造販売の実情と

その背景を伝えた。

「100以上の国と地域でニセのファイザー製品が見つかっており、そのうち21品目のニセモノが、50の国と地域で正規の流通経路で販売されている」と話すのは、ファイザー製薬のジョン・クラーク副社長。 同社製品のバイアグラ(中国の俗称;偉哥)は中国で2003年に販売開始となったが、すぐにニセモノが市場に出回り、今ではニセ薬のなかで最も多く販売されている商品に。

国家公安部と国家食品薬品監督管理局が最近発表したデータによると、昨年1年間で摘発されたニセ薬の生産・販売犯罪は全国で1万4000件余り、被害額は160億元(約2440億円)以上、押収したニセ薬は10万点を超えた。

そのうち海外から輸入されたものは主に韓国、米国、インドからで、海外に輸出するニセ薬は主に韓国、米国、日本、オーストラリア、英国などが目的地だった。

犯罪グループはインターネットやラジオなどを通じて、専門機関や専門家を騙り、ニセ薬品を宣伝する。

消費者とは、問いあわせ・相談センターの体裁で電話を通じて接触し、顧客情報を収集する。

品物は宅配便で届ける。被害者の通報によって宣伝用のサイトが閉鎖されても、すぐに新しいIPアドレスやURLを取得し、別の社名でサイトを再開する。

会社情報で公開されているのは私書箱や銀行口座番号だけで、社名や所在地、電話番号などはすべて虚偽であるため、ニセモノをつかまされたと分かっても被害者は泣き寝入りするしかない。

摘発されるニセ薬で最も多いのが、前述のバイアグラやレビトラなどの勃起不全(ED)治療薬だ。

また有名な国産緊急避妊薬や感冒薬、降圧剤のニセモノも大量に出回っている。

しかし、現行の法律ではニセ薬を製造、または販売している確かな証拠がなければ容疑者を逮捕できず、ニセ薬を大量に所持しているだけでは警察が適切な対応をとることができないという。(翻訳・編集/本郷)


とのことです。

これに関連して、日本の税関において押収されるED薬はここ最近増加傾向にあり、また中国経由ということが本当に多いそうです。

未だに多くの方々が、インターネットにおいて個人輸入代行などによりバイアグラ・レビトラ・シアリス等を入手しようとしていることは残念です。

薬剤の真偽が不明である上に、税関で差し押さえされる可能性も高く、「個人輸入代行」を謳っているだけでその実はバイアグラ販売に極めて近い行為がされている…

法律スレスレ若しくはアウトという状況ですし、薬剤成分不明のものを使用する危険な行為ですので決してなさらないようにお気を付け下さい。

関連リンク
ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-237822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

Copyright © 2005 - 2019 HamamatsuchouDaiichi Clinic All Rights Reserved.