バイアグラのジェネリックについて【浜松町第一クリニック大宮院】

日本国内のバイアグラジェネリック医薬品についてを紹介~浜松町第一クリニック大宮院

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-237822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。
バイアグラジェネリックについて ~ジェネリックの基礎知識~

バイアグラジェネリックについて ~ジェネリックの基礎知識~

バイアグラジュネリックは、先発医薬品(最初に開発された医薬品)の特許が切れた後に、他のメーカーが追随して製造・販売した後発医薬品のことをいいます。
なお、日本国内のバイアグラは2014年5月に国際特許が切れたため、各製薬メーカーより発売が開始されています。

「ジェネリック(後発医薬品)」とは

新薬の特許が切れた後に、他のメーカーがそのお薬と似たような商品を後発的に製造を行い、発売されるジェネリック(後発医薬品)。
このジェネリック薬品は、新薬の研究・開発と比べて格段に開発コストとかかる時間が少ないため、製品価格も先発医薬品と比べて2割から7割ほど安いのが特徴的です。(平均的には先発医薬品と比べて5割ほどの価格で購入できます。)

医薬品に適用される特許には通常20年という期限が定められており、この期間中は先発医薬品の特許権利は、法律により厚く保護されています。 しかし、現実には、特許の権利が消滅するころに、新薬が流通されることが多いのが現状です。

ほとんどの新薬の開発では、特許取得から10~15年の歳月を必要とし、国の認可を受けられるようになるまでにも結構な長い時間を要します。 ですから、世間的にそのお薬が認知されるようになるころには、特許の期限が切れることが多いのです。(特許の期間は、最大で5年間の期間延長が認められています。) そうして、その製法や有効成分に対しての権利が共有のものとなり、後発医薬品の製造・販売が可能になり、ジェネリック薬品が流通していきます。

※ バイアグラの特許は切れて国内正規品のバイアグラのジェネリックは、2014年5月26日(月)より発売を開始されています。
当院は、東和薬品のバイアグラジェネリックである『シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」』1錠 1,000円(税込)とキッセイ薬品の『シルデナフィル錠 50mgVI「キッセイ」』1錠 1,000円(税込)を処方しています。

「ジェネリック」ってどんな意味?

ジェネリック(generic)とは、「一般的」「総括的」といった意味を持つ単語です。 バイアグラジェネリックとは、数多くある後発医薬品を統括して呼ぶ名称のこと。 日本で耳にするバイアグラという名称は、開発元企業のファイザーがつけた名称です。 他の企業がこのバイアグラの後発医薬品を開発・製造した場合、当然この「バイアグラ」という名前を使うことはなく、製造する企業によってつける名称が異なります。

欧米では後発医薬品を処方する際には、有効成分の名称で呼ばれることが多く、 そのため後発医薬品に対しては、包括して「ジェネリック医薬品」と呼ばれるようになりました。 なお、バイアグラの正式な有効成分は「シルデナフィル」という物質ですが、日本ではバイアグラという名前で広く認知されています。

ジェネリックバイアグラの動向・・・

通常、ジェネリック医薬品は、先発医薬品に含まれている有効成分と同じ物が内包している医薬品です。 そのため効き目は、オリジナルの先発医薬品と変わらないことが多いでしょう。また、お値段のほうも先発医薬品の分と比べて平均5割程度安く購入できます。 ジェネリック医薬品を購入する時の注意点は、「医師の指導がないまま服用をしない」ということです。

個人の経路で入手した場合、医師の診断を仰がずに服用する方が多くいらっしゃいますが、そうした場合、 もし禁忌とされるお薬と合わせて服用すると、重大な副作用を招く恐れがあります。 最悪の場合、命にかかわる事態も考えられますので、服用前には、一度クリニックでの問診を受けてから服用してください。

なおバイアグラジェネリックは、2014年5月より、日本国内でも発売されています。
日本で発売される予定のバイアグラの製造元企業の名称と薬品名は以下のものが予想されます。

日本国内で開発・販売を行っているジェネリック医薬品メーカー

  • 東和薬品株式会社  ・・・シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」 2014年5月26日より発売開始
  • キッセイ薬品工業  ・・・シルデナフィル錠50mgVI「キッセイ」 2014年11月17日より発売開始
  • 株式会社陽進堂   ・・・シルデナフィル錠50mgVI「YD」←販売承認日 2014年6月23日(※当院では取り扱いなし)
  • あすか製薬株式会社 ・・・シルデナフィル錠50mgVI「あすか」←販売承認日 2014年6月23日(※当院では取り扱いなし)
  • テバ製薬株式会社  ・・・シルデナフィル錠50mgVI「テバ」←販売承認日 2014年8月12日(※当院では取り扱いなし)
  • シオノケミカル株式会社・・・シルデナフィル錠50mgVI「SN」←販売承認日 2014年8月12日(※当院では取り扱いなし)
    (販売:アルフレッサファーマ)
  • 富士化学工業    ・・・シルデナフィル錠50mgVI「FCI」←販売承認日 2014年9月17日(※当院では取り扱いなし)
  • 大興製薬株式会社  ・・・シルデナフィル錠50mgVI「DK」←販売承認日 2014年9月17日(※当院では取り扱いなし)
    (販売:本草製薬株式会社)
  • 沢井製薬株式会社  ・・・シルデナフィル錠50mgVI「サワイ」
  • 医工株式会社    ・・・シルデナフィル錠50mgVI「日医工」・・・etc

海外で販売されているジェネリックED治療薬

  • カマグラ・・・(インド製バイアグラジェネリック)
  • ぺネグラ・・・(インド製バイアグラジェネリック)
  • カベルタ・・・(インド製バイアグラジェネリック)
  • シラグラ・・・(インド製バイアグラジェネリック)
  • タダリス・・・(インド製シアリスジェネリック)

※ インドでは、成分特許が認められていない為、合法的に製造・販売することが出来ます。

なぜ日本ではジェネリック薬品が広まらないのか?

こういったインド製バイアグラジェネリックは、日本でも個人ならば自由に輸入できることが現実です。 ※ なお日本国内では、インド製バイアグラジュネリックは処方されておりません。 しかし、日本の方はブランドを非常に重要視しますし、安全性に関しても不安に感じる方が多いのです。
インドのバイアグラ自体は、世界的に信頼の置ける起業が製造していますので安全ですが、流通経路が不透明になりやすい個人輸入では、購入しないほうがいいでしょう。

関連リンク
ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

ファイザー製薬提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

バイエル薬品提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

日本新薬株式会社提供 ED治療薬情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-237822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

Copyright © 2005 - 2018 HamamatsuchouDaiichi Clinic All Rights Reserved.